So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ

「絵師100人展」に行ってきました [イベント]

昨日(5/4)ですが、秋葉原UDXビル2階のイベントスペース「AKIBA_SQUARE」にて開催中の「絵師100人展」に行ってきました。

正面入り口

参加されている作家陣は主に美少女ゲームのイラストレーターとして活躍されている方々ですが、公式サイトに掲載されている展覧会の趣旨によると『近年、日本発の漫画やアニメ、ゲームなどの文化が世界から大きな注目を浴びています。日本での評価もまた見直されるようになり、海外ではこうした文化を通じて日本を知る若者も増えています。
 中でも、高い技術で秀麗なイラストを描く画家(イラストレーター)は、江戸時代の浮世絵師になぞらえ、「絵師」と呼ばれています。
 本展は、従来のアートとは異質ながらも庶民の娯楽となった「浮世絵」を髣髴とさせ、現代に生きる人々の心をとらえ、世界でも評価される現代の「絵師」100人の新作を一堂に集め、紹介するものです。人気絵師が描く独特の世界、高い技術に裏づけられたクオリティとポテンシャル、そして今日の日本を取り巻きつつある新たな価値観に迫ります』とのこと。
展示されている作品は全てオリジナルで、総じて「日本」がテーマとなっています。

入り口付近の看板

こんなハイテクな電子看板「デジタルサイネージ?」も…

会場内は全て撮影禁止のためここでは作品を紹介することはできませんが、なるほどこれは確かに「現代の浮世絵」と言えるのではないかと思いました。
また「高い技術で秀麗なイラストを描く」という評価の通り、展示されている作品はどれも極めてクオリティの高く、まさしく「目からウロコが出る」ほどの鮮やかな色彩にも大変驚かされました。
会場に来られた方の多くが美少女ゲームファンのな雰囲気もしなくもなかったですが、これほど多くの作家陣(しかも豪華!)が集まる機会はまたとないと思われるため、美少女ゲームファンならずとも是非とも見てほしい展覧会だと思います。

今回の展覧会で入手したグッズ(戦利品とも言う)ですが、展覧会の図録とクリアファイルを購入させていただきました。

図録とチケット

私は美術館・博物館などの展覧会は比較的よく行くものの図録を購入することはめったにないのですが、今回は
コレクション目的も兼ねてこれは是非とも買わねば!と思いました。
(各作家方のコメントが掲載されているのもポイントでした)
尤も開場に訪れた方の大半が図録を購入されていたので、考えていることは私と同じではないかと。
他の展覧会と比較して、図録の購入率が極めて高いのではないかと思いました。
ちなみに写真右側のチケットは当日券ですが、当日券の絵柄も会期中毎日変わるそうです。
(前売り券も何パターンかあり、公式サイト参照)

図録と同時購入したクリアファイルがこちら。

作品名は「微睡」

今回参加した作家陣の中でも大御所であるCARNELIAN氏による作品。
図録のコメントによると「萌えにおける日本らしさの私なりのイメージ」とありますが、これぞ日本の萌えの極致、「This is japanese moe!」と断言できるでしょう。
今回展示されていた作品の中で一番のお気に入りです。
(勿論他の作家方でも素晴らしいと思った作品は多数あるのですが…)

ちなみにクリアファイルの裏面はこんな感じ。

ほぼポスター・看板と同じ図柄ですね

「JAPAN⇔ESHI⇔WORLD」という文面が本展覧会のテーマを表していますね。

上記以外にもグッズはいくつかありましたが、究極のコレクションとして複製原画やアクリルアートプレートの販売も行っていました(受注生産品のため、後日発送)。
複製原画が20,000円、アクリルアートプレートが10,500円でしたが、高価にも関わらず購入される方が少なくなかったように見受けられました。
(尤も複製原画としては手ごろな価格なのかもしれませんが)

「絵師100人展」は5/8まで開催しています。

絵師100人展

コメント(0) 

「高田馬場ゲーセン・ミカド」のイベントに参加 [イベント]

先週日曜(7/18)の話になりますが、高田馬場にあるゲーセン・ミカドさんで開催されたイベントに参加させていただきました。
イベントの内容はタイトーの名作シューティングゲーム「ダライアス外伝」の初心者講習&スーパープレイヤーによる実演というものでした。
(イベントの詳細についてはこちらを参照)

ダライアスについてここでは詳しい解説は省略しますが、魚介類をモチーフとした巨大戦艦と対戦するシューティングゲームです。
魚(釣り)好きの私としては絶対外せないタイトルです(何が?)。
「ダライアス外伝」は業務用(アーケード)としてはシリーズ3作目に当たる作品で、通常筐体で稼動できることから現在でも各所のゲーセンで見かけることが多い作品です。
PCやPS1・PS2など数々のゲーム機にも移植されているので、ご家庭で遊べる機会も比較的多いのではないでしょうか?
最近のシューティングゲームではほぼ常識となっている「ボンバー」も搭載されているため、シューティング初心者でも比較的楽しめるのではないかと思います。

で、今回のイベントですが、「こうやって捕鯨するのだ!」というタイトルの通り、Z'ゾーンのボスであるG・T様ことグレートシング(マッコウクジラ)の攻略がメインでした。
私は途中参加となりましたが、ちょうどスーパープレイヤーであるG.M.C.IMOさんの実演プレイが始まったところでした。
この実演プレイの凄まじい点としては、スーパープレイと題しているだけあって単に敵を倒すだけではなく、極限までに高得点を目指す「稼ぎプレイ」に徹していることでした。
このタイトルにおける稼ぎプレイの極意としてはボス戦で自爆ぎりぎりまで粘ることのようですが、特に弾避けが厳しいタイトルなので、実際見ていてもその弾避けのテクニックが尋常ではありませんでした。
(当然と言うか、私ではとても真似ができないレベルです…)
ちなみにボス戦で粘っていると通常とは違う攻撃パターンに変わるとか、前作で登場する永久パターン防止キャラ「ヤズカ・タカーミィ」が出現するといった、今まで知らなかったことが確認できたのも貴重な体験でした。

イベントの参加費は500円とのことでしたので、参加費を支払いしておみやげの攻略映像が収録されたDVDを頂きました。
当日はダライアス外伝のみフリープレイということで、合計7台を一斉稼動させていました。
(うち1台は高難易度のEXバージョン)

普段は見かけない光景です…

さすがにイベントでもない限り、これだけ並んで稼動している光景は見かけることはないと思います。
当日はごらんの通り来客が多数なためあまりプレイは出来ませんでしたが、とりあえず2回だけはプレイさせていただきました。

こちらが初代ダライアスの筐体。

写真があまり鮮明ではありませんが…

初代ダライアスについては都内でも稼動しているのは数店舗なので、かなり貴重な存在です。
今見ても全く古臭さを感じさせない出来なので、未体験の方は是非ともプレイしていただきたい作品ですね。
そもそも稼動後20数年経過しているのである意味遺産とも言える代物なので、何らかの保存手段が望まれます…。
ちなみにここ(ミカドさん)の筐体については最近「ニンジャ・ウォリアーズ」も稼動できる2in1仕様になりました。

おみやげで頂いたDVDがこちらになります。

名目上はおみやげですが、参加費と引換に頂いたDVD

後日DVDを再生したところ、2人目のプレーヤーの実演映像のランキング画面を見たところ…

あ…

2位の「AOZ」という名前ですが、多分私が出したスコアです。
(到達ルートとスコアが5百万点位だったのを覚えているので、恐らく間違いないかと…)
本当はAO2と入力した所だったのですが、ランキングの名前入力で数字が使えないことが多いので、止む無く「AOZ」と入力しています。
尤もVゾーンは一番簡単にクリアできるルートで、特にスコア稼ぎをするでなく普通にクリアを目指していたので、取るに足らぬスコアで全然自慢するほどのものではないのですが、映像に残ってしまうとはちょっとびっくりしました。

ミカドさんでは定期的にこういった攻略イベントを開催していますので、興味のあるタイトルがあったりスケジュールが合えば参加してみるのも良いかもしれません。
私もひとまずは頂いたDVDを参考にして「捕鯨」を目指してみようかな…。
コメント(0) 

「Xbox 360 シューティングフェスタ 2010」に行ってきました [イベント]

本日ベルサール秋葉原1Fのイベントスペースにて開催された「Xbox 360 シューティングフェスタ 2010」に行ってきました。

集え!シューター!

Cooさんのブログ「Seaside Tears 2」にてこのイベントの存在を知ったのですが、発売前のタイトルも含めたXbox 360のシューティングゲームが一同に体験できるというイベントでした。
現行の据え置き機ではXbox 360の場合シューティングゲームのタイトルがダントツに多い(勿論バーチャルコンソールなどの過去作品の移植は除いて)ので、ハードをX360に限定したというのは当然といえば当然ではないでしょうか?

今回のイベントでは発売済のタイトルもプレイ可能でしたが、やはり目玉は発売前のタイトルがいち早くプレイできるということであって、特に一番の注目は今回初公開と思われる「デススマイルズⅡX(エックス)」だったと思われます。
自分が現地に入場(列に並んだ)したのが15:30頃だったのでほぼ入場制限がかかるぎりぎりのタイミングだったのですが、何とかこのタイトルの試遊だけはできました。
デススマイルズⅡXの場合計5台の試遊機があったので、比較的多くの方がプレイを体験できたのではないかと思います。

試遊ブースの様子

ただ開発中のため2面クリアにて終了となり、来客多数のためプレイ時間制限もあったため余裕をもってプレイという訳には行きませんでした。
(高難易度を選択するとその分時間がかかり、途中タイムオーバーで終了という方をよく見かけました)
ちなみに自分の場合はとにかくてっとり早くクリアを目指したため2面クリア→ゲームオーバー、と同時にちょうど時間制限がかかってプレイ終了でした。

自分が確認した限りで現行バージョン(アーケード版)からの変更点としては

・プレイヤーキャラが全6人に(アーケード版の4キャラ+フォレット・ローザ)
・各ステージでレベルが選択できる(レベル1~3)
・ボス戦前に3D仕様のカットインムービーが入る

といったところでしょうか。
勿論Xbox 360のハードに合わせた高解像度仕様となっています。
あとステージも2つ追加されるのかもしれません(後で紹介する下敷きの写真参照)。

その他新作タイトルとしては「ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA」・「KOF SKY STAGE」・「RAYSTORM HD」などが展示されていましたが、来場時に既に試遊受付が終了していたためプレイできませんでした…。
本日が土曜日ということで予想通り(予想以上)の来客数だったため余裕がなくあまり試遊もできなかったのですが、こういった発売前のタイトルが体験できるイベントに参加したのは初めてだったので、貴重な体験ではありました。

イベント終了間際でもこの人数

シューティングゲームの人気は根強いものだと、改めて感じました。

一応イベント参加記念として頂いたグッズがこちら。
デススマイルズⅡXの下敷きとXbox 360の文字が入った携帯ストラップ。
あと旋光の輪舞DUOのポスターも頂きました。

キャラが6人

早く来場すればマグカップも貰えたようでしたが、来るのが遅かったためゲットできず…。

下敷きの裏面は…

見慣れないステージが2つ…

今年の5/27発売予定とのことですが、発売日が待ち遠しいですね。

続きを読む


Windows7発売 [イベント]

先日10/22に新OS「Windows7」が発売解禁になりました。
筆者は発売当日の購入はしませんでしたが、当日は様子見ということで新宿のビックカメラを視察してみました。

パッケージが整然と並べられています

前OSのVistaのパフォーマンスが芳しくないことから期待感が高かったためか、当日は割と来客数が多かったです。
(秋葉原はかなりの混雑ぶりだったようです)
早速デモ機を触れてみましたが、見た目(インターフェイス)はほぼVistaを踏襲しています。

デスクトップ画面はこんな感じ

ただ動作はVistaに比べて機敏なようです。
(デモ機が最新スペックのため、Vistaモデルのスペックでの動作がどうなるかが気がかりですが…)
あと兼ねてから懸念があったOSにメールソフト(WindowsLiveメール)が標準インストールされていない件についてですが、現地で確認したところNEC・富士通などの大手メーカー製品では標準インストールされてるようです。
SONY製品(VAIO)のみ例外でしたが、MSOffice(=Outlook)がインストールされていればそちらが優先されるので、あまり問題ではなさそうです。
WindowsLiveメール自体も起動して確認したところ、VistaのWindowsメールとあまり変わらないようです。

自分はハード的な環境が整っていない(+現状のVistaであまり不自由していない)ため導入はしばらく様子見ですが、購入するとすればXPモードを搭載しているProfessionalになるでしょうか?
もちろんDSP版で購入予定ですが、何のパーツと合わせて購入するかは悩むところです。

~おまけ~
DELLのブースで、こんなPCが展示されていました。

画面が反射して殆ど確認できませんが…

「Alienware」という独自ブランドのノートPCで、見ての通りとても巨大なノートです。
実際持ってみるとかなり重く、とても外出して持ち運ぶのは無理な感じ。
ゲーマー向けのPCらしく、もはやノートPCとはいえないスペックのようです。
ITmediaの記事によればキーボード部分が派手に発光するようですが、そうでなくても見た目のインパクトはかなりありました。
いずれにしろ高価な製品なので自分には全く縁はありませんが…。

ちなみにOSはVistaでした。

選挙、選挙、選挙… [イベント]

今日(既に昨日ですが)は衆議院選挙。
政権選挙ということでかつてない注目が集まりましたが、やはりというか民主党の圧勝で「政権交代」が現実のものとなるようです。

自民党は一時的に政権の座をゆずったことはあるものの、野党に転落するのは今回が初めてのようです。
歴史的大敗を受けて麻生首相は辞任する意向のようですが、麻生首相のみに責任を問うのは酷な気がします。
確かに言動は問題があったとは思いますが(これもマスコミが過大に批判を駆り立てている気がしないでもない)、小泉改革に代表される今までの自民党の政策自体にNOを突き付けたという感じですかね。
かくいう私も比例代表は民主党に入れたクチですが、民主党支持というわけではなく同様に自民党を支持しないという意向で票を入れさせていただきました。
(ちなみに衆議院候補者では自民党推薦の候補者に入れました)
民主党が掲げるマニフェスト(政権公約)についてもいずれも実現化には乏しいと思いますし。
(他はともかく高速道路無料化はさすがにどうかと思う…。絶対渋滞が慢性化します)

この先どうなるかは予断を許しませんが、これを機に少しでも状況が好転すると良いですね。

ちなみにカテゴリを「イベント」に選択するのはどうかとは思いますが、選挙も一つの(国民的な)イベントのような気がしなくもないです…。
イベント ブログトップ
メッセージを送る