So-net無料ブログ作成

GWの乗り鉄~房総半島横断 [鉄道・鉄道旅行]

今年のGWですが、タイトルの通り房総半島横断というテーマで乗り鉄をしてみました。
一昨年の年初め(2014年1月)は房総半島一周でしたが、今回は「横断」です。

※以前の記事:年初めの乗り鉄~房総半島一周

具体的には小湊鉄道といすみ鉄道という房総地区の2大ローカル線を走破して、途中養老渓谷を観光するといった行程です。

ということで朝そこそこに早く東京方面からまずは千葉まで。

錦糸町駅で見えたスカイツリー

途中の錦糸町駅付近でスカイツリーが見えました。

総武各停線のE231系(500番台)

乗車した総武快速線の電車が途中の津田沼止まりだったので、津田沼から千葉まで各停線の黄色い電車に乗ってみました。
写真の車両はE231系ですが、実は山手線から移籍してきた500番台だったりします。
山手線では今後新型のE235系が導入される予定なので、既存のE231系500番台についてはまた他線区に散り散りになるものかと思います。

房総ローカル列車用の209系

千葉からは内房線の列車に乗り換え。
車両は例によって房総ローカル列車用の209系。
この車両も元を辿れば京浜東北線から都落ちして運用されているものなのですが…。

五井で乗り換え

千葉から15分程度、途中の五井(ごい)駅で小湊鉄道に乗り換えます。

レトロ感漂う小湊鉄道の気動車

小湊鉄道は非電化の私鉄路線なので、車両はもちろん電車ではなく気動車。
後述するトロッコ列車を除き、車両は全てこの「キハ200形」で統一されています。
何ともレトロ感漂う車両です…。

ちなみに写真の車両は単行(1両編成)ですが、自分が乗車した列車は3両編成でした。
但し当日は乗客がかなり多く、3両でも車内は混雑していました。

側面もレトロ感満載

側面の行先表示も昔風の「サボ」を使用、「K.T.K」という英語3文字の略称(小湊鉄道株式会社の略)、形式の書体も旧国鉄風だったりと、こちらもレトロ感満載です。

車両は昭和45年製らしいです

車内の形式版を確認すると、乗車した車両は昭和45年製らしいです。
台車が昔のコイルばね形式だけあって、走行中の揺れがかなり激しいです。
(走行中に撮影する場合は転倒しないよう注意が必要です)

駅名板も手書き…

途中駅の駅名板も手書きでした。
海士有木(あまありき)という駅名も珍しいですが…。

新緑の中を走る

いかにもローカル線っぽいのどかな光景

列車は水田地帯と新緑の中を走行し、いかにもローカル線っぽいのどかな光景です。
小湊鉄道は首都圏から比較的近いので、近場ながらも本格的なローカル線の雰囲気を味わえるということで近年人気が高いのかもしれません。
今回のように日帰りでも十分楽しめますし。

こういう風景もローカル線ならでは

何故小屋の中に線路が伸びているのかは謎ですが、こういう風景もローカル線ならではですね。

ちょうど田植えの時期

折りしもちょうど田植えの時期で、新緑と相まって美しい風景でした。

トロッコ列車と行き違い

途中の里見駅にて、トロッコ列車と行き違い。
(実は小湊鉄道でトロッコ列車が運行されていることを知らなかった…)

SLに見えますが実は…

客車を牽引している機関車は外見はSL(蒸気機関車)そのものですが、実際はディーゼル機関で走行しているようです。
(本物のSLであれば、首都圏直近のSL列車ということで知名度が格段に上がるはず…)
ちなみに客車は展望仕様ですが、サイズや外見から見ると貨車(ワム80000形あたりか)を改造したものと思われます。
(京都の嵯峨野観光鉄道など、トロッコ列車の客車は貨車から改造された例もあるので)

参考:小湊鉄道ホームページ

機関車が後ろ向きで去っていく

トロッコ列車は機関車が後ろ向きの状態で去っていきました。
SLの場合基本的に後方(バック)の運転は出来ないことになっていいますが、これについては「ディーゼル機関車」なので後方運転でも問題なし、ということですか。

養老渓谷駅に到着

目的地の養老渓谷駅に到着。
五井からちょうど1時間くらい。

駅構内は観光客で賑わっていた

自分も含め乗客の大半はここ養老渓谷駅で降りたので、ご覧の通り駅構内は乗客(観光客)で賑わっていました。

駅前の広場も賑わっていました

駅前に出たところちょうど滝(粟又の滝)行きのバスが発車するところだったので、速攻でバスに乗り粟又の滝に向かいました。

続きを読む


コメント(2) 
メッセージを送る