So-net無料ブログ作成

「レトロフリーク」を入手 [ハード(一般)]

少し前になりますが、サイバーガジェット社から発売されているレトロゲーム互換機である「レトロフリーク」を購入してみました。

レトロフリーク外箱

レトロフリーク公式サイト

ファミコン(FC)・スーパーファミコン(SFC)に対応したレトロゲーム互換機は割りと以前からありましたが、このレトロフリークについてはそれらに加えてメガドライブ(MD)・PCエンジン(PCE)・ゲームボーイ(GB)・ゲームボーイアドバンス(GBA)の国内の主要なハード6種、更にそれらの海外版・派生機種を含めると11種類のハードに対応。
更に凄いのは実機のソフト(カートリッジ)からバックアップ機能があること、ステートセーブ(いわゆるゲーム中のどこでもセーブができる)やスクリーンショットなど非常に多機能があるということです。
自ら「至高のレトロゲーム互換機」と謳っており、従来のレトロゲーム互換機とは比較にならない仕様ですね。

レトロフリーク本体とカートリッジアダプター

レトロフリーク本体(右)とカートリッジアダプター(左)。
購入時本体はカートリッジアダプターの下部に内包される形で接続されています。
カートリッジアダプターの大きさはファミコン(FC)とほぼ同じで厚みがややあるといった感じ。
上面にFC・SFC・MD用、前面にPCE・GB(GBA)用のカートリッジスロットがあります。

注意点としてはこのスロットが汎用の部品を使用しているためか少々(というかかなり)脆い作りで、無理に抜き差ししようとすると破損する恐れがあるということですね。
前面のPCE・GBスロットは比較的大丈夫そうですが…。

ちなみに筆者が購入したのは本体カラーが黒の「ヤマダ電機オリジナルモデル」です。
(コントローラーアダプタセットで、実売価格2万円程度)
レトロフリークの標準色は白ですが、他にファミコンを彷彿とした白と赤のモデルなどもあるみたいです。

レトロフリーク本体をPSVita TVと並べてみた

カートリッジアダプターはいわゆる「吸い出し器」なので、バックアップを取った後はアダプターを外して本体のみで起動・プレイが可能です。
本体のみのサイズは史上最小の据え置きハードと言われるPSVita TV(上の写真の右側)と比べて若干大きい程度です。
(ちなみに本体重量はPSVita TVより軽い)

尚言い忘れましたが実機ソフトからバックアップする際の保存先として別途MicroSDカードが必要となります。
ただFC・SFCなどのソフトのデータ自体が容量が微々たるものなので、2GB程度のMicroSDカードならば十分かと。
(筆者も以前ガラケーで利用していた2GBのMicroSDカードを利用しています)

付属のレトロフリーク標準コントローラー

本体付属のレトロフリーク標準コントローラー。
ボタンの配置と形状がSFCのものと似ています。
操作性は可も無く不可もなくといった感じですが、ボタンの割り当てがレトロフリークのオプションメニューなどの利用にあらかじめ最適化されているので、不満が無ければそのまま利用するのも良いかと。

ちなみに接続端子がUSBなので、PC用コントローラーとしても利用可能です。

セット同梱のコントローラーアダプタ

こちらがセット同梱のコントローラーアダプター。
FC・SFC・MD・PCEの純正もしくはサードパーティー製の実機用コントローラーが使えるようになるアダプターです。
(FCについては新型FC純正とエキスパンドコネクタに接続するタイプが使用可能)

コントローラーアダプターについても接続端子がUSBで、PC用コントローラーとしても利用可能。
但しPC側で5種類のコントローラーとして認識されるためか、他のPC用コントローラーとの併用ができないみたいです。
それよりもPCで利用した場合入力の遅延がかなりあるようで、実用的とは言えないのですが…。

ということで、手持ちのタイトルを幾つか試してみました。

続きを読む


コメント(0) 

春の乗り鉄旅行・新潟編(2日目) [旅行]

2日目は新潟を出発して弥彦山へ行き神社のお参りとロープウェイで山頂に行って散策。
下山してそのまま首都圏に戻るという行程です。

ということでまずは宿泊したホテルを出発して新潟駅へ。

朝の新潟駅

新潟駅は目下在来線ホームの高架化工事の最中ですが、駅舎はまだ旧いまま。
今のところホームも新幹線以外は地上のままなので工事が完成するのはまだまだ先かと思いますが、完成の際には駅舎も建て替えられると思われるので風景はがらりと変わるのではないでしょうか?

新潟からは越後線で吉田駅まで乗車しますが、発車時刻まで多少余裕があったので他の車両を撮影するとします。

特急しらゆき号

北陸新幹線開通時に新設された、新潟と上越妙高(新井)を結ぶ特急しらゆき号。
車両は同じく新潟発の特急いなほと同型のE653系。
4両でグリーン車なしという短編成の特急列車です。

既存の特急型車両である485系はまだ一部の快速列車に使用されているようですが、定期の特急列車からは完全に撤退してしまったためか見かけることはありませんでした。

湘南色の115系

前日にも乗車した湘南色の115系。
新潟地区では朝夕のラッシュ時には見かけるものの、日中はこれから乗車するような新型の車両ばかりで運用されていました。

新潟地区のニュータイプ

こちらがこれから乗車する車両ですが、昨年新潟地区のニュータイプとしてデビューしたE129系。
首都圏を走るE233系をベースとしてローカル仕様とした車両で、2両・3両・4両の編成の3タイプがあるようでそれらを組み合わせて柔軟に両数を調整できるようになっています。
ワンマン運転にも対応するので、確かに115系よりは使い勝手が良さそうです。

ということで新車特有の臭い(?)に包まれつつ、新潟駅を発車。

信濃川を渡る

新潟駅を出てすぐに、信濃川を渡ります。
ほぼ河口付近ですが、奥にはビルが立ち並び一見すると首都圏みたいな風景ですね。

内野駅で対向列車と行き違い

途中の内野駅で対向列車と行き違い。
越後線はそれほど本数は多くないものの朝夕ラッシュ時は通勤・通学客も多いのでこの時間帯は行き違いすることが多かったです。

弥彦山が見えてきた

周囲は田園地帯になり、これから登る弥彦山が見えてきました。

巻駅

吉田の少し手前、一文字の巻(まき)駅。

吉田駅に到着

新潟から1時間弱で吉田駅に到着。
ここで弥彦線に乗り換えて終点の弥彦駅に向かいます。

X型の駅表記

吉田駅は越後線と弥彦線とが交差している(共に途中駅)ため、隣駅の行き先が4箇所ということでX型の駅表記になっています。
但し越後線・弥彦線とも吉田駅を境に運行系統が分かれていて、線内を通しで運行する列車は少ないようです。

新津もX型の駅表記

X型の駅表記と言えば前日通過した新津駅もそうですね。
こちらは信越線が途中駅、磐越西線・羽越本線が始発駅となっています。

弥彦線のE127系

弥彦線・弥彦行きの電車はワンマン列車のE127系。
以前から新潟地区のローカル列車として活躍している車両ですが、多くが北陸新幹線開通と同時に発足した「えちごトキめき鉄道」用の車両として譲渡されたので、現在では少数派の模様。

一面田園地帯

一面田園地帯。
この時期はまだ田植え前ですが、夏場は緑一面で美しい風景かと思います。

終点の弥彦駅に到着

終点の弥彦駅に到着。
吉田の2駅先なので、乗車時間は10分も満たなかったです。

駅周辺の桜が綺麗でした。

駅舎は寺社風のデザイン

弥彦駅の駅舎は寺社風のデザイン。
彌彦神社にまつわるものかと思いますが、赤色を主体とした非常に映える色合いです。

駅を降りてからは弥彦公園を経て彌彦神社、更にはロープウェイで山頂へ。

続きを読む


コメント(0) 

春の乗り鉄旅行・新潟編(1日目) [鉄道・鉄道旅行]

仕事の休みの合間を利用して先週末に1泊2日の乗り鉄旅行に行ってきました。
1日目は普通列車を乗り継いで新潟に辿り着き、2日目は新潟から比較的近い場所にある弥彦山を観光してその後首都圏に戻ってくるという行程です。
折りしも春の18きっぷ利用期間ぎりぎりだったので、急遽日程を組んだ次第です。

1日目はほぼ鉄道乗りっぱなしの行程。
経路はざっくり言うと上野から常磐線でいわきまで。
いわきから磐越東線で郡山、更に磐越西線で会津若松~新津へ、最後は信越線で新潟に到着、という感じです。

ということでまずは自宅から上野駅へ。
上野駅から常磐線に乗って遠路、福島県のいわきを目指します。

通勤型のE231系

水戸方面直通の電車に乗っても良かったのですが、乗り比べということでまずは取手行きの快速線列車に乗ってみました。
車両は都市圏ではおなじみの通勤型、E231系。
(といっても現行車両では通勤型と近郊型と大差ないのですが…)

車内はがらがら!

上野出発時は平日の8時台、つまりはラッシュアワーの真っ只中だったのですが、この時間帯混雑しているのは首都圏に向かう上り列車の方で、(自分が乗車する)折り返しの下り列車はごらんの通りがらがらでした。
隣の日暮里から北千住まで辛うじて混雑していた位です。
(尤も乗車したのが15両編成の先頭車両だったので、ばらつきはあると思いますが…)

以降は主に運転室越し(かぶり付き)にての撮影。

南千住駅にて

南千住駅にて。線路左手の桜が綺麗だったので撮影。
その奥に隅田川を渡る3路線分の鉄橋が確認できますが、左から常磐線・つくばエクスプレス(TX)線・東京メトロ日比谷線です。
中央の鉄橋で辛うじてTX線の車両が確認できます。

荒川の鉄橋

北千住の先、荒川の鉄橋。
左から東京メトロ千代田線(この先綾瀬から常磐各停線)・常磐快速線・TX線。
電車でDでも登場した東武線の鉄橋は更に下流側(右側)にあります。

各停線のホームは超混雑

北千住(綾瀬)から先は各停線と並行して快速線の線路を走行しますが、ごらんの通り各停線のホーム(特に上り方面)は超混雑しています。
金町駅?

柏

常磐線の中核駅の一つである柏(かしわ)駅に到着。
首都圏からは京浜東北線の蕨(わらび)駅の次に近い、漢字一文字の駅。
東武野田線(アーバンパークライン)が乗り換えで、一部の特急列車も停車します。

利根川橋りょう

取手駅の手前にある利根川橋りょう。
鉄橋を渡ると茨城県です。
走行している快速線の鉄橋は近年付け替えられたのか、真新しい感じです。

取手

上野から乗車した電車の終点である取手に到着。
ここで水戸方面の電車に乗り換え。

水戸方面へ向かうE531系

水戸方面へ向かう電車は交直両用の近郊型電車E531系。
ちなみに右側にちらっと見えるのは関東鉄道の気動車。

取手~藤代間の交直セクションを通過

取手を出発して程なく、次の藤代駅との間にある交直セクション(交流と直流の切り替えポイント)を通過。
乗車中の車両は新型なので、車内の照明が一瞬消えるということはなく、難なく通過しました。
セクション標(左側に見える赤白ひし形の標識)の先で架線が太くなっている部分が架線死区間(デッドセクション)と思われます。

左手に筑波山が見える

土浦の手前、左手に筑波山が見えます。

土浦で先頭5両を切り離し

土浦で先頭5両を切り離し、ここから先は10両編成で運行。
乗車していた車両が切り離しされた編成の先頭車だったので、後ろの車両に移動します。

続きを読む


コメント(0) 
メッセージを送る