So-net無料ブログ作成

最近入手したカプセルトイの紹介(その15) [ホビー(一般)]

前回(2015年7月)からかなり経過したので…

・デフォルメ戦車その2

97式&89式中戦車

後ろから

海洋堂製の「ワールドタンクデフォルメ」シリーズのラインアップ。
中央が「89式中戦車」、左右が「97式中戦車(通称短砲塔チハ)」。
89式と右側の迷彩バージョンの97式が今回新規入手したもの。

89式中戦車ガルパンにて大洗女子のバレー部チーム(アヒルさんチーム)の車両。
97式中戦車は昨年11月公開の劇場版ガルパンにて登場の「知波単学園」の車両として登場。
右側の迷彩バージョンの塗装で出てきます。

同シリーズはガルパンとのコラボがあるのではないか?と予想していたのですが、どうやら劇場版ガルパンのチケット(前売り?)の特典として大洗女子などのロゴマークが入った製品が頒布されたようです。
(秋葉の中古ホピーショップで見かけました)

・ドイツ機甲師団編、こんなラインアップも

8tハーフトラック&88mm高射砲

横から

高射砲は砲身が可動

同じく海洋堂の「ワールドタンクデフォルメ~ドイツ機甲師団編~」のラインアップですが、その中で「8tハーフトラック」と「88mm高射砲」という、何ともマニアックな車両。
こちらはガルパンと直接関係がない(と思われます)が、子供(中学生)の頃にプラモで作ったことがあるので何とも懐かしいです…。
88mm高射砲はプルバックゼンマイがついていないので自走はできませんが、8tハーフトラックに牽引してもらうことで走行は可能(ただし安定して走行できなかったです…)。
また砲身と両サイドの脚が可動しますが、車輪部分は分離できないので展開(射撃)体勢は残念ながらとれないようです。

同ラインアップの他の車両としてはティーガーI(重戦車)・エレファント(重駆逐戦車)・シュビムワーゲン(水陸両用車)と、これまたマニアックです。
(ティーガーIとエレファントはガルパンにて黒森峰女学園の車両として登場)

・艦船キットコレクションVol.7(エンガノ岬沖)

左から日向(戦艦)・瑞鶴(空母)・瑞鳳(軽空母)

後面から

前回に引き続き、エフトイズコンフェクトの「艦船キットコレクション」シリーズのVol.7(エンガノ岬沖)のラインアップで、左から日向(航空戦艦)・瑞鶴(空母)・瑞鳳(軽空母)。
※瑞鶴については前々シリーズのVol.5(レイテ沖)のラインアップで、中古品で入手したもの

レイテ沖海戦の中での「エンガノ岬沖海戦」に参加した艦船によるラインアップ。
同海戦の艦隊は小沢中将率いる日本海軍最後の空母機動部隊だったのですが、実際は敵の主力艦隊を引きつける囮役となるという、不本意な任務だったと記録されています。
結果として敵(アメリカ)の主力艦隊を引きつけることができ作戦は成功したのですが、この海戦で瑞鶴・瑞鳳を始めとする空母は全て沈没することに(航空戦艦の日向と伊勢は生還)。
また自軍(日本)の主力艦隊である栗田艦隊はレイテ湾に突入するも敵艦隊を目前にして謎の反転をして艦隊決戦は幻に終わってしまったのは周知の通りです。

キットは3隻とも洋上バージョンで、大戦後期に見られた(美しい?)迷彩塗装が施されています。
ちなみに日向(航空戦艦)の側面の副砲が無いのは航空戦艦改装の際に副砲が撤去されたという史実に基づくもので、決してキット上で省略された訳ではないことを申し上げておきます。

若月(駆逐艦)と五十鈴(軽巡洋艦)

後ろから

こちらは同ラインアップの若月(駆逐艦)と五十鈴(軽巡洋艦)の2隻セット。
若月は秋月型の大型駆逐艦で長10センチ高角砲を搭載した艦隊防空に特化した「防空駆逐艦」。
五十鈴は大正時代に建造された5500トン級軽巡洋艦となる長良型の2番艦。
キットは大戦後期に主砲を全て撤去して高角砲に換装した「防空巡洋艦」の姿を再現。
2隻ともエンガノ岬沖海戦は生き延びたものの、その後の作戦で沈没の憂き目に会っています。

今回入手したのは全て洋上バージョンなので、前回プリントアウトした波模様の紙に載せて撮影しています。

・那珂ちゃんのフィギュア

クレーンに吊り下げられた那珂ちゃん

「艦これ」に登場する那珂ちゃん(軽巡洋艦「那珂」)のフィギュア。
これも中古品で入手したものですが、メーカーは不明。
恐らくクレーンゲームの景品ではないかと(クレーンに吊り下げられた姿だけに…)。
ねんぷちの製品よりはサイズが小さめで、精度もやや低いです。

続きを読む


コメント(0) 

初詣2016 [お出かけ・小旅行]

もう2月半ばで時期がずれてしまいましたが…。

・1/5 富士宮本宮浅間大社

背後には富士山

年初めの乗り鉄旅行の過程で参拝。
年初めの時点では雪も積もっていなかったため、富士山は降雪が殆んど見られませんでした。
(山の東側は降雪が見られた)

詳細はブログ過去記事にて。
(年初めの乗り鉄・1日目)

・1/9 神田明神

逆光

予定のタイミング的な関係で、今年は乗り鉄旅行の後にお参り。

もはや恒例の混雑

七草も過ぎた後なものの、当日は日曜日だったこともあり境内は毎年の如く混雑していました。
それでも昨年ほどの混雑ぶりではなかったので、お参りまでの待ち時間は20分程度でした。

縦型のラブライブ絵馬

痛絵馬は少なくなった

絵馬もいわゆる「痛絵馬」は目立たなくなり、通常の願い事が書かれた絵馬が多くなりました。
ただ願い事が「ラブライブのイベントチケットが当たりますように」的なものが多かった気がしますが…。
もちろん神田明神公式の「ラブライブ絵馬」も多数見かけました。
(縦型の新デザインのものもあった)

・2/11 川崎大師

山門から本堂

本堂から山門方面

川崎大師への詣ではスケジュールの都合で2月までずれこんでしまい、もはや初詣という感じではないですが…。
祝日(建国記念日)だったのでそれなりに人出は多かったです。

お遍路姿の弘法大師

境内の中にはこんなスポットも。
お遍路姿の弘法大師像ですが、像の周りに四国八十八ヶ所の寺の名称が書かれた石柱が並んでおり、それに一つずつ触れることで「ミニお遍路さん」を体験できたりします。
また像の足元には銅でできた「わらじ」があり、わらじに水をかけることで足腰の健康の御利益が得られる…ということです。

ちなみに今回は久しぶりに電車で行ってみました。

久々の京急線

京急線に乗るのも久しぶりです。

駅名看板もリニューアル

川崎大師駅にて。
駅名看板もリニューアルされていました。

以前はこんな感じ

以前(3年前)はこんな感じ。
やや斜体の京急独特の書体でしたが、リニューアル後は一般的になった感じか?
あとホームの駅標についても全て新しいデザインに変わっていました。

南武線も新型車両に

JR南武線も新型車両(E233系)に。
従来の205系は先月完全撤退し、一部の車両は海外(インドネシア)に譲渡されたようです。

最後は初詣から完全に話が逸れてしまいましたが、大体こんな感じです。
コメント(0) 
メッセージを送る