So-net無料ブログ作成

秋の大山登山2015 [アウトドア(釣り・登山・スキー等)]

今年は秋の大型連休(SW)の期間が長いため、毎年敢行している秋の大山登山を例年より1ヶ月ほど早めて昨日(9月21日)に行ってきました。

今年は日向薬師からスタート

今回は日向薬師からスタート(一昨年のゴールが日向薬師でした)。
ここから遠路山頂を目指し、帰りはメインルートの表参道で下社を経由して大山寺・大山ケーブルバス停に辿り着くというルートです。
ちなみに上の写真で中央やや右の一番奥に見える山が大山山頂。

青色の矢印が今回のルート

撮影した案内板に書き加えた青色の矢印が今回のルート。

皇太子さまの登山ルート

折しも小田急線の伊勢原駅で皇太子さまの登山ルートも紹介されていましたが、これとほぼ逆方向のルートということになります。

ということで今回は(ケーブルカーを使わずに)麓から自力で山頂まで登ることになりますが、実は今回が初めてだったりします。
尤も今年は9月いっぱいまでケーブルカーが運休しているので、当日の登山者は全員自力登山になったのですが…。

※参考
前回の記事(2014年10月)
大山ケーブルHP

日向薬師バス停までは小田急線伊勢原駅から(バスにて)20分ほど。
当日の登山客は大山ケーブル行きに集中していたため、日向薬師行きのバスは空いていました。

日向薬師バス停の到着は9時15分頃。
バス停到着後、まずは登山の前に日向薬師へお参りに。

山門で仁王像がお出迎え

入り口の山門で、仁王像がお出迎え。
ここから境内まで徒歩10分ほど。
本堂は一昨年と同様、修復工事中のため見ることはできませんでした。
(完成は再来年の予定ですが、来年には本堂の中を見学可能になるらしいです)
本堂内の仏像の一部は併設の宝城坊にて見学可能です(入館料300円)。

沿道はヒガンバナが満開でした

再びバス停に戻り、登山口方面へ。
沿道はヒガンバナが満開。
田んぼ内の農道がヒガンバナ散策路として開放され、ヒガンバナの写真を撮影されている(もしくはスケッチをしている)方を多く見かけました。

登山口までは車道が続く

登山口まではしばらく車道が続きます。
バーベキューやヤマメ釣りに来ている方も多く、車の往来も多かったです。

浄発願寺

石雲寺

途中浄発願寺と石雲寺に立ち寄り…

浄発願寺奥の院入り口

今回は(一昨年行けなかった)浄発願寺奥の院にも行ってみました。

行ってはみたものの

行ってはみたものの、これが結構な距離で、しかも急な坂。
写真の「五十三の石段」は当時の53人の罪人一人ひとりが積み上げたものだとか。

奥の院の境内跡地

階段の上が浄発願寺奥の院の境内跡地。
ここが元の浄発願寺の境内でしたが、明治時代に起こった山津波で境内の建物が流され、現在の麓の場所に移ったとのことです。

敷地の最奥にある岩屋

境内跡地から更に登り、敷地の最奥にある岩屋。
穴の中には石仏が安置されていました。
ここから更に日向山経由で日向薬師に通じるハイキングコースがありますが、さすがに今回は無理なのでここで引き返しました。

登山道入り口

奥の院から戻って、ようやく本来のコースの登山道入り口へ到着。
というか奥の院の往復で結構体力を消費したため、既にこの時点で疲れが…。
時間的なロスもあり、ここに到着した時点で既に11時前。
ここからが本番だというのに、先が思いやられます。

続きを読む


コメント(0) 

「機動戦士ガンダム展」に行ってきました [ガンダム]

カテゴリ「ガンダム」の記事は何年ぶりだろうか…。

ということで、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」に行ってきました。

機動戦士ガンダム展公式HP

1979年放映のTVアニメ「機動戦士ガンダム」における1.000点にも及ぶ製作資料を一挙公開するという、かつてなかった企画の展示会です。
展示内容はガンダム生みの親である総監督・富野喜幸(現・由悠季)氏による企画段階のメモ(当初タイトルはガンダムではなく「ガンボーイ」だった、など)、キャラクターデザインの安彦良和氏による原画・絵コンテ、美術監督の中村光毅氏による美術ボード、メカニックデザイナー大河原邦男氏による設定画が主で、冒頭のプロジェクションマッピング映像や立体模型(主にガンプラを利用したジオラマ)など、いわゆる「ファーストガンダム」のみであるもののとにかく内容はてんこ盛りでした。
※劇場版ガンダム3部作を含む

展示スペースの大半を占めていたのはアニメの映像の元となった絵コンテの数々で、実際の映像とシンクロさせて絵コンテを映像化しているのが面白かったです。
またアニメの各シーンの設定資料の原画も膨大で、なるほどと思いました。
(ホワイトベース・ムサイの艦橋やジャブローの司令室、果てはオデッサ作戦におけるマ・クベの執務室なんてのもあった)
劇場版ガンダム3部作のポスターやイメージイラストの原画もあるので、こちらも貴重です。
(ただし大河原邦男氏作のイラスト原画については当展ではコピーで、後述する「メカニックデザイナー大河原邦男展」にて原画を展示)
自分も子供の頃劇場版ガンダムは見たのでポスターの絵柄は勿論見たことはあるのですが、その原画を見れたのは感動ものでした。

これら展示品の大半は撮影禁止のためここでは写真での紹介はできませんが、一部撮影可能なスペースもあったのでそこで撮った写真のみ紹介します。

ガンダムヘッド

「ガンダムヘッド」と名付けられた立体展示物。
見ての通り大破したガンダムの頭部ですが、実物大(1/1スケール)なのでインパクトは十分です。

MS設定イラスト(主に連邦)

MS設定イラスト(主にジオン)

アニメで登場した主だったモビルスーツ(MS)のイメージイラストも展示されていました。
(大河原邦男氏が製作当時の画風で近年新たに描き直したもの)

純金・純プラチナ製ガンダム

純金製と純プラチナ製ガンダム像なんてのもありました。
高さ125mmとあるので、どうやら1/144スケールのようです。
※18000(18m)÷144=125

コロニー内に侵入するザク

ガンプラを利用したジオラマ群。
コロニー内に侵入するザク。第1話冒頭のシーン。

正面のガラス(アクリル板?)に立体的に見える加工がされているので、現物では遠近感がアップされてより立体的に見ることができます。
写真だとどうしても背後の写りこみが生じてしまうので、それはご勘弁を。

トリプルドム

迫撃・トリプルドム、黒い三連星のジェットストリームアタックのシーン。

水中を進むズゴックとゴッグ

水中を進むズゴックとゴッグ。色合いが綺麗。

化け物

巨大モビルアーマー・ビグザムに蹂躙される連邦軍のジムとボール。
ビグザムはプラモではなくモビルスール・イン・アクションの製品を使っているのかもしれません。

取りかえしのつかないこと

ララァが乗るモビルアーマー・エルメスのコックピットをガンダムがビームサーベルで貫いてしまうシーン。
背景のフラッシュが実際のアニメ映像のイメージと重なります。

ラストシューティング

ご存知クライマックスの「ラストシューティング」の場面。
これも実際のアニメ映像さながらのイメージです。

ミュージアムショップで購入した会場限定ガンプラと展覧会図録

ミュージアムショップでは会場限定ガンプラなどのオリジナルグッズが多数販売されていましたが、とりあえず自分は1/144のガンダム(会場限定品)と展覧会図録を購入しました。
1/144のガンダムについては一般に販売されているHGUC191 ガンダムにオリジナルの台座と盾に貼るガンダム展のシールが付属するだけなので正直ここで買わなくても良かったのですが、一応記念にということで。
このガンプラについては先代の同製品(HGUC021 ガンダム)より可動範囲が大幅にアップしてプロポーションも洗練されたということなので、(暇がある時に)作ってみて先代製品と比べてみたいと思います。

尚当展では(一般的な美術系展覧会と同様に)音声ガイドのサービスがありますが、3タイプあるので好みで選んで利用してみるのが良いと思います。

・「白の章」:古谷徹氏(アムロ・レイ役)
・「赤の章」:池田秀一氏(シャア・アズナブル役)
・「黄の章」:白石冬美氏(ミライ・ヤシマ役)

※各利用料金520円(税込み)

自分は無難(?)に「白の章」を借りてみましたが、他の方のナレーションも捨てがたいですね。
(ミライさんの声も良いかもしれない)

続きを読む


コメント(0) 

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(6日目)  [旅行]

6日目、いよいよ最終日。
和歌山城に行って和歌山電鉄に乗り名物駅長(猫)を見て、その後は寄り道もありますが在来線で大阪・京都を経由して名古屋まで辿り着き、最後は新幹線で戻るという行程です。

まずは宿泊先のホテルから、徒歩で和歌山城へ。

丘の上に立つ和歌山城

和歌山城の案内板

和歌山城は天守閣と本丸御殿の中心部は高台で、その周りの二の丸・西の丸などは平地となっています。
(天守閣は再建されましたが本丸・二の丸・西の丸は跡地のみ)
まずは天守閣の周辺をぐるっと回ってみます。

一の橋と大手門

城の正門に当たる大手門と、門の前にかかる一の橋(城の北東に位置)。
大手門は1982年、一の橋は1983年に再建。

伏虎像

大手門を進んだ先にある「伏虎像(ふっこぞう)」。

岡口門

城の南(南東)に位置する岡口門。
築城時はこちらが大手門でしたが、途中から裏門に変わったという経緯があります。
城の建造物では唯一旧藩時代のまま現存しています。

追廻門

大手門・岡口門の他に現存する門が西に位置する「追廻門(おいまわしもん)」。
古めかしい感じもしますが残念ながら旧藩時代の遺構ではない模様。

和歌山城の門は他に不明門(南)・吹上門(北西)などがありますが、いずれも跡地のみで門は復元されていません。

天守閣へ

坂(階段)を昇り、いよいよ天守閣へ。
和歌山城天守閣は国宝に指定されるも大戦末期の空襲で消失してしまい、戦後鉄筋コンクリート造にて復元されたものです。
(名古屋城とほぼ経緯が似ています)

天守閣については別途有料(410円)。
内部(城の二層・三層と廊下など)は展示スペースとなっており、武具・鎧や書物などが展示されています。

天守閣入り口の庭園

天守閣入り口の庭園。
周囲は回廊となっており、奥の櫓も含めて内部は通行できるようになっています。
(この部分も展示スペースになっている)

最上階から和歌山港方面を望む

最上階は展望台も兼ねていて、和歌山市の周囲が見渡せます。
こちらは西側、和歌山港方面。

和歌山駅方面

こちらは東側、和歌山駅方面。

南の丸跡にある動物園

天守閣を降りた後は城の南側、南の丸跡にある動物園へ。
(動物園は無料で見学できます)

ツキノワグマはお昼寝中

ツキノワグマがいましたがお昼寝中。

ラッコもお昼寝…

ラッコもお昼寝。
当日は確かに暑かったですが、それにしても無防備な格好…。

奈良公園ではおなじみのシカ

奈良公園ではおなじみのシカさんもいらっしゃいました。

表情が面白い

2頭のヤギ、表情が面白いです。

頭の飾りが立派

頭の飾りが立派な鳥(名前は忘れた…)。

動物園を一通り回り、最後は西の丸の一角にある西の丸庭園を見てみました。
(庭園内の茶室は有料ですが、庭園は無料で見学できます)

紅葉時は綺麗そう

西の丸庭園は別名を紅葉渓(もみじだに)と言いますが、名前の通りモミジの木が多くあるので紅葉時は綺麗そうです。

夏の風景も悪くないです

といっても夏の風景も悪くないですが…。

平成18年に再建された御橋廊下

平成18年に再建された御橋廊下。
二の丸と西の丸を行き来するために、徳川期にかけられた橋を復元したもの。
中が見えないように壁と屋根をつけた廊下橋ですが、斜めにかかる廊下橋は全国的にも珍しいそうです。

御橋廊下内部

御橋廊下の内部。
土足厳禁ですが通行は可能です。
但し床が滑りやすいので通行には注意が必要です。
(自分も下り坂で足が滑った)

今回の旅行で唯一の庭園

そういえば今回の旅行で唯一の庭園見学だったと思うので、その意味でも良かったと思います。

この後は和歌山市駅に戻り、乗り鉄を再開。
(といっても観光の要素を多分に含んだ乗り鉄なのですが…)

続きを読む


コメント(0) 
メッセージを送る