So-net無料ブログ作成
検索選択

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(5日目)  [鉄道]

5日目は熊野三山の残り那智大社に行き、その後は電車を乗り継ぎ和歌山(和歌山市)まで辿り着くという行程です。

朝の新宮方面列車の到着まで少し時間があったので、ちょいと浜辺にでも。

熊野市の浜辺

浜辺は花火大会の準備中

普段は海水浴場かと思いますが、週末に開催されると思われる花火大会の準備中らしく、海への立ち入りが閉鎖されビニールテープで囲いがされたり、堤防には仮設の観客台が設けられていました。

侵食された岩肌

熊野市駅に向かう途中、波に侵食されたと思われる岩肌を見かけました。
大昔はここまで海面だったことを伺わせます。

朝の熊野市駅

朝の熊野市駅。
列車待ちの乗客が何人かいましたが、ひっそりしていました。
特急停車駅なので改札は有人。
前日は18きっぷ未使用でしたが本日は行使。
ここで4回目の利用開始です。

通勤仕様のキハ25形

新宮への折り返しもキハ48形が来るのを期待しましたが、到着したのは(おなじみ)通勤仕様のキハ25形。
通勤・通学客をさばくためか、増結の4両編成での運行でした。
おNEWの車両なので車内は快適なのは確かでしたが…。

この列車は新宮止まりなので乗り換えをして最寄の那智駅まで行くのですが、新宮から先の列車の時間が空いてしまうので、少しでも時間を短縮するため敢えてバスを利用します。
(事前にバス時刻表をチェックしたところ、計算上那智駅に30分早く着くことができ、1便前の那智山行きのバスに乗り継ぎできるため)

時短のため敢えてバスを利用

バスの行き先は潮岬ですが、途中の那智駅で下車します。
勿論この分のバス代は自腹ですが、やむを得ないです…。

那智駅に到着

新宮から約30分で那智駅に到着。
ここで那智山行きのバスの到着を待ちます。
駅舎は那智大社に似たデザインで、割と立派な造りです。

無人駅なのでホームの立ち入りも可能

といっても無人駅なので、きっぷが無くてもホームの立ち入りは可能です。
そうこうしているうちに那智山行きのバスが来たので、乗車しました。

なでしこジャパンの記念モニュメント

バスは終点ではなく、途中の大門坂(駐車場前)で下車。
ここから大門坂経由で頂上の那智大社を目指します。
ちなみにバス停付近の駐車場にはなでしこジャパンの記念モニュメントもありました。

大門坂

大門坂入り口。
ここも熊野古道の一部に当たります。
右側の道は車道(バスも更に上へ行きます)。

鏡石

夫婦杉

入り口から少し歩いた場所にある「鏡石」と「夫婦杉」。
夫婦杉は樹齢800年と言われる大木。

ちょっとした山登り気分

坂の参道は杉並木で、ちょっとした山登り気分です。
ただ当日は降雨に見舞われなかったものの、曇りで湿度がMAX。
梅雨みたいな気候でした。

遠方に那智の滝が見える

途中木陰からは那智の滝が見えました。

表参道の階段

大門坂を登りきり、みやげ店も並ぶ表参道の階段へ。
この近くに終点のバス停があります。

那智大社まであと少し

表参道の階段も上り、那智大社の鳥居に着きました。
頂上まであと少し。
勿論那智大社の一帯も世界遺産登録を受けています。

ようやく到着

ようやく到着。
とりあえずお参りをしてご朱印を受け、各ポイントを回ります。

※参考:熊野那智大社公式HP

続きを読む


コメント(0) 

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(4日目)  [旅行]

4日目は熊野三山のうち本宮大社と速玉大社を回り、新宮市内を観光するという行程です。
まずは新宮駅へ。

朝の新宮駅

尤も当日の最初の目的地が本宮大社なので、駅といっても鉄道に乗るわけではなく、バスでの移動になります。
(尚当日は鉄道の利用が新宮から熊野市のみのため、18きっぷは利用しませんでした)

バスで本宮大社へ

新宮周辺は熊野交通というバス会社がメインですが、乗車したバスは奈良地区の奈良交通。
行き先は本宮大社から十津川を経て大和八木まで行くという遠路の便でした。
但し当日は国道の通行止めの関係で途中止まり。
尤も通行止めは本宮大社の先の道なので、影響はありませんでしたが。

熊野川沿いを走る

市街地を抜けてからはしばらくの間熊野川沿いを走ります。

途中温泉街も通る

乗車したバスは本宮大社の手前で脇道に入り、湯の峰温泉などの温泉街(本宮温泉郷)を通りました。
(上の写真は湯の峰温泉)
当初はこの温泉街の宿に宿泊する計画でしたが、折りしも繁忙期のためどの宿も予約が満杯で今回は断念せざるを得ませんでした…。

ようやく到着

新宮駅から1時間少々、ようやく本宮大社入り口に到着しました。

※参考:熊野本宮大社公式サイト

すがすがしい感じ

かなり山奥に来たので、参道もすがすがしい感じでした。

御本殿(結宮と証誠殿)

御本殿(証誠殿と若宮)

本宮大社の御本殿はさすがに立派な造りです。
左から結宮(第一・第二殿)・証誠殿(第三殿)・若宮(第四殿)と並び、その脇に満山社という小さなお宮もあります。
証誠殿(第三殿)から一・二・四の順が正しいお参りの順序ですが、自分は空いた順でお参りしました。
(最初は三からでしたが)

裏側の入り口はひっそりとした感じ

御本殿の裏手にも入り口がありますが、こちらはひっそりとした感じです。

祓殿王子

裏側入り口の少し先にある「祓殿王子(はらいどおうじ)」。
本宮大社に向かう参道の所々に「王子社」と呼ばれる御子神が祀られている場所の一つで、本宮に一番近いのがこの祓殿王子になります。
99あると言われる王子社の一つである「発心門王子」から本宮大社までの約7kmの道が熊野古道の王道コースでありますが、いつかチャレンジできればと思います。
(発心門王子までのバスもあります)

再び表の参道へ

ご朱印を受けて宝物殿での展示物を見た後、再び表の参道へ。
(宝物殿:300円)
下の休憩所でかき氷などを食べて一休み。

産田社

入り口に戻った後は本宮大社の旧社地である大斎原(おおゆのはら)へ。
上の写真は途中大斎原への参道を脇に入ったところにある「産田社(うぶたしゃ)」。
本宮大社の末社で、安産のご利益があるそうです。

田んぼの先には日本一の大鳥居が

大斎原への参道。
田んぼの先には日本一の大鳥居が。
(尤もこの鳥居は近年に建てられたものですが…)

世界遺産の碑

「紀伊山地の霊場と参詣道」という名目でここ本宮大社と旧社地の大斎原も世界遺産の登録を受けています。

旧社地の敷地

ここが旧社地の敷地となる大斎原。
明治時代の初頭までここに社殿がありましたが、大洪水に遭い現在の山側の敷地に社殿が移されました。

跡地の中心には石造りの小さな社が残る

跡地の中心には石造りの小さな社が残っています。
2つの社には元々12社あった内の8社(中四社と下四社)と境内内にあった末社が祀られています。
ちなみに上四社が現在の本宮大社の御本殿に当たります。

土手から見た熊野川

脇の土手から見た熊野川。
水が殆んどない状態(奥が川になっている)ですが、川の増水時は全て水面になると思われます。

この後はバスで新宮まで戻り、速玉大社へ。

続きを読む


コメント(0) 

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(3日目)  [鉄道]

3日目は松阪から紀勢本線を乗り継いで和歌山県に到達、本州最南端の地である潮岬と橋杭岩まで行って新宮まで戻るという行程です。
紀勢本線の前に支線の乗りつぶしもあるので、この日は乗り鉄がメインです。

松阪駅

朝少し早めに出発して、松阪駅へ。
(勿論松阪から18きっぷを行使)

名松線の気動車キハ11形

早めに出たのは松阪を起点とする支線の名松(めいしょう)線に乗車するためです。
名松線はJR東海髄一の閑散路線なので、本数が少なめなもので…。
といっても2時間に1本ペースなので、極端に少ないという訳ではありませんが。
車両はキハ11形という閑散路線向けの車両。
最近までは紀勢本線でも運用されていましたが、紀勢本線にも新型車両が投入された関係で運用範囲が狭まった模様。

ということで7:32に松阪駅を出発。

見慣れた田園の風景

松阪を出て少しの間は紀勢本線(と近鉄線)と併走。
その後紀勢本線と分岐して西へと進みます。
暫くは見慣れた田園の風景が続きます。

渓谷の風景に変わる

その後渓谷の風景に変わります。

現在の終点、家城駅に到着

松阪から40分弱、現在の終点となる家城(いえき)駅に到着。
名松線の本来の終点はこの先の伊勢奥津駅となり家城はちょうど中間地点の駅になるのですが、ここから先は平成21年10月の台風による被害により不通となっています。

本来線路は続いているのだが…

平成21年ということはもう6年近く前。
未だ全線復旧の見込みは立っておらず、家城から先はこのまま廃止となる可能性が濃厚なようです。
(既に事実上の廃止と言われている状態)
写真の線路の奥には車止めが設けられており、右側のホーム(列車行き違いの設備)も長らく使われていない様子からも、復旧の望みは薄いことが伺えます…。

ちなみに名松線の「名」は名張を意味し元は松阪と名張を結ぶ路線として計画されていましたが、実際は近鉄線がその役割を果たしておりその時点でこの路線の存在意義は薄れていた訳で、路線の一部が不通の現在では全通の夢は望むべくも無いのは言うまでもないです。

代行バスが運行している

尤も終点の伊勢奥津までは代行バスが運行しているため18きっぷを利用して伊勢奥津まで到達することは可能ですが、この後の時間的余裕がないことから今回はここで引き返します。

折り返し列車の車内はがらがら

折り返し列車の車内はご覧の通りがらがら。
(前よりの車両に何人は他の乗客がいるだけ)
行きの列車で通学の高校生たちでそれなりの乗車率でしたが…。

ホームの片方が撤去されている途中駅

普通の片側1面ホームの途中駅に見えますが、この先線路が不自然にカーブしているので、元々は右側(草むらの部分)にも線路とホームが存在していたことが伺えます。
単線の路線での列車交換設備ですが、列車の本数が少ないので不要ということで撤去されたということですね。
調べたところ名松線内で列車交換設備を持つ駅は家城駅のみですが、前の写真の通り2面のホームはあるものの長らく利用されている形跡が無いので名松線内では現状列車交換設備は無いということになります。
何とも寂しい限り…

木陰のトンネル

線路の上を木々が重なりトンネル状になっているのが面白いです。

複線ではなく単線が並行している

松阪の手前で紀勢本線と合流。
複線に見えますが、実際はそれぞれの単線が並行している状態。
(左が名松線、右が紀勢本線)
ちなみに写真の右端にちょこっと見える架線が近鉄線。

こちらをよそに近鉄線の電車が駆け抜ける

紀勢本線の列車遅れの影響で、松阪の手前で数分の間停車。
その間こちらをよそに近鉄線の電車が駆け抜けました。

終点の多気駅に到着

家城から乗車している列車は松阪から先紀勢本線に乗り入れ、参宮線との分岐駅である多気(たき)駅が終着でした。
ここから紀勢本線の新宮方面の列車へ乗り換えます。

続きを読む


コメント(0) 

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(2日目)  [旅行]

2日目は伊勢神宮(外宮・内宮)を見て鳥羽まで到達し、引き返して乗りつぶしをしつつ最終的に松坂まで、という行程です。
基本的に伊勢神宮の観光がメインです。

ということで宿泊したホテルを出発して名古屋駅へ。
駅前で目にしたのは巨大なビル群。

駅ビルの巨大タワー

駅ビルの巨大タワー(JRセントラルタワーズ)。

大名古屋ビルヂング

建て替え中(もうちょっとで完成か)の大名古屋ビルヂング。
ネーミングが素敵。

奇抜なデザインの建物

(電車で)名古屋駅に着いた時に真っ先に目に付いた、奇抜なデザインの建物。
どこのビルか確認したところモード学園の校舎だったので、納得。
東京(新宿)にある「コクーンタワー」も変なデザインだし。

今後更にJRの巨大駅ビルができるようです。

計画中のJRゲートタワー

「JRゲートタワー」という名前だそう。
近年東京・大阪・京都駅など駅前の大規模再開発が盛んですが、名古屋も凄いことになっています。

NARUTOの衣装を着たナナちゃん

あと名鉄デパートにある「ナナちゃん人形」ですが、今回はNARUTOの衣装でした。
劇場版公開に合わせてのものかと思います。

前置きはともかく、早速列車に乗車。

快速みえ(キハ75形)

8:37名古屋発の「快速みえ1号」。
これで伊勢神宮の最寄り駅である伊勢市駅まで一気に行きます。
紀勢本線など非電化の路線に入るため、車両は気動車。
といってもキハ75形という、前日も乗車した豪華仕様の車両。
2両編成で、一部指定席となっています(1号車の前半分の座席)。

というか、平日ではあるものの折りしも18きっぷシーズンのためか、当然車内は満席
立席の乗客もそれなりにいらっしゃいました。
自分はそれを予想して少し早めに待機していたので、辛うじて(自由席に)座ることができました。
4両、せめて3両に増やすべきではないのかと思ったのは自分だけではないでしょうか?
(多分土日は4両で運行していると思われます)

そんな感じで、定刻に名古屋を出発。
(もちろんここから18きっぷを行使)

木曽川を通過

木曽川を通過。
奥に見える鉄橋は多分近鉄線ではないかと。
奈良への旅行など、この区間は普段近鉄線に乗るので、逆の視点で見るのはあまりないです。

→後で地図で確認したところ、高速道路の鉄橋のようです。
(近鉄線の鉄橋は写真の手前だった)

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット前を通過。
最寄り駅は鈴鹿サーキット稲生駅。
この区間は第三セクターの伊勢鉄道線なので、18きっぷの適用外。
よって別途運賃がかかります。
(伊勢鉄道線の河原田~津 間、510円)

鈴鹿の山々

津から再びJR線(紀勢本線)へ。
鈴鹿の山々を遠くに見ながら快走。

快速みえは気動車ながらもかなりのスピードで走行。
「快速」の名に恥じない韋駄天ぶりです。
但し関西本線の一部区間(名古屋~桑名間)で不用意に単線区間があるため、列車の行き違いで多少の時間ロスがあるのがマイナス要因か。
3年前に乗車した時もそうでしたが、この区間だけはいい加減複線化した方が良いのでは?と思わずにいられません。
(地元からの要望もあるようですし)

伊勢市駅着

そんなこんなで、10:17に伊勢市駅着。
(名古屋から1時間40分)

駅舎・駅前も伊勢神宮をイメージしたデザイン

駅舎・駅前も伊勢神宮をイメージしたデザイン。

まずは駅から徒歩で伊勢神宮の「外宮」に向かいます。
(ちなみに外宮=げくう、と読む)

続きを読む


コメント(0) 

青春18きっぷの旅Part3~紀勢編(1日目) [鉄道]

という訳で夏休みを利用して恒例?の18きっぷ旅行に行ってきました。
今回は紀勢編ということで紀伊半島を周回して各観光地を巡るという、5泊6日の行程です。
尤も1日目は名古屋まで移動して周辺のJR線を乗りつぶすという内容なので、本題の紀勢編に入るのは2日目からになりますが。
(前回より1日長いのはこのためです)

では早速1日目。
早朝(6:30頃)に横浜駅を出発。
今回は新幹線ではなく、最初から普通列車での移動です。
従ってここから18きっぷを行使します。

まずはこの電車で熱海まで

まずはこの電車で熱海まで。
横浜から熱海まで1時間半位かかるので、この区間だけグリーン車を利用し、今後の乗り継ぎに備えるとします。

JR東海211系(興津駅で撮影)

JR東の区間は熱海までで、熱海からは暫くJR東海の列車を乗り継ぐことになります。
乗車した主な車両は上の211系と、下の313系。

JR東海313系(大府駅で撮影)

ひとまずの乗換駅である大府(おおぶ)駅まで4回列車を乗り継ぎましたが、夏休み&18きっぷ利用期間ということもあって、区間的に車内はかなり混雑していたため着席できない時間が多かったです。
距離がある分、これはさすがにきつい…。

一応途中の風景を紹介。

由比付近

由比(ゆい)駅付近の、海沿いを東名高速と一般国道と並走する区間。
外からだと富士山をバックに一望できる名勝地点ですが、さすがに車内からだとそれは無理…。
ちなみに当日富士山は雲に隠れていて、一瞬だけ姿を拝むことができましたが。

並走する新幹線を撮影

並走する新幹線を撮影。
こちらの列車をよそに猛スピードで駆け抜けて行きました。
(浜松付近)

浜名湖を通過

浜名湖を通過。
新幹線だと一瞬ですが、在来線だと比較的長く景色が拝めます。

大府駅

名古屋の少し手前、大府(おおぶ)駅に到着。
ここで乗りつぶしを達成するため、武豊線という支線に乗り換えます。

武豊線313系

武豊線の車両も東海道線と同じく313系を使用。
(ワンマンの2両編成)
武豊線は最近まで非電化の路線でしたが、電化が成ったため電車が走るようになりました。
尤も電化前に走っていた気動車も見かけは同じようなタイプの車両でしたが…。
(その車両は後ほど紹介します)

のどかな田園の風景

大府駅を出発したあとすぐに東海道線と分岐し、終点の武豊駅へ。
都心に比較的近いながらも、車窓にはのどかな田園の風景がひろがります。

武豊駅

大府から30分少々で、終点の武豊駅に到着。

何もせずにそのまま折り返し

目的が路線の乗りつぶしのため、駅に着いたものの特に何もせずにそのまま折り返しの電車に乗ります。

再び東海道線へ

大府に戻り、再び東海道線へ。
写真の車両は311系という、ちょっとレアな車両です。

複々線化できる用地は確保しているものの…

大府から名古屋方面へ。
現状は複線ですが、複々線化できる用地は確保しているものの一向に着工される気配は無いようです。
(確か3年前も同じような状態でした)

名鉄神宮前駅の手前

名鉄神宮前駅の手前(写真奥が神宮前駅)。
名鉄本線と常滑線との分岐地点。
一応、「電車でD」でも登場する区間(進行方向が逆ですが…)。

熱田駅で下車

この日唯一の観光地点となる熱田神宮に立ち寄るため、JR線の最寄り駅となる熱田駅で下車。

名鉄神宮前駅

JR熱田駅からだと熱田神宮まで多少離れています(500M位)。
直近の最寄り駅は名鉄神宮前駅。

ということでこの後は熱田神宮へ。

続きを読む


コメント(0) 
メッセージを送る