So-net無料ブログ作成
検索選択

夏休みの乗り鉄旅行2016~行くぜ、東北編(4日目) [鉄道]

4日目(最終日)は秋田を出発して一気に山形まで。
山形(正確には北山形)で仙山線に乗り換えて山寺で下車し、立石寺(山寺)を拝観。
再び仙山線で仙台まで行き、最後は東北新幹線で一気に帰京するという行程です。

まずは宿泊したホテルから秋田駅へ。

秋田駅(東口)

上の写真は新幹線ホームに近い東口ですが、栄えているのは反対側の西口です。
(宿泊先のホテルも西口側だった)

秋田新幹線こまち E6系

新幹線ホームに停車中の秋田新幹線こまち(E6系)。
国内最速のはやぶさ(E5系)と併結するためか、異様に長いノーズが目立ちます。
個人的には初代のE3系の方が良かったかな…。

まあどちらにしろ今回は乗車することはないですが。

昨日から引き続き

乗車するのは普通列車なので、車両は昨日から引き続きの701系。
大曲を経由して、一気に山形新幹線の終着駅である新庄まで行きます。
着席できなくもなかったですが、今回はこのポジションをキープするので問題なしです。

いわゆる電GO視点

運転室越しのかぶり付き、いわゆる電GO視点。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、秋田~大曲間は電GO!2(もしくはプロフェッショナル)で取り上げられた区間なので、是非ともリアルで見てみたいということで。

制限35

秋田駅を出発した直後、「制限35」の標識。
それよりも注目なのが、左側の線路の幅です。
秋田新幹線専用の線路(標準規1435mm)のため、現在走行中の在来線線路(狭軌1067mm)より幅が広いことが(何となく)分かるかと思います。

一番右側は羽越本線の線路

一番右側は羽越本線の線路で、この先で奥羽本線と分かれます。

右側は秋田新幹線の車両基地

右側は秋田新幹線の車両基地。
手前にいる701系は背後に新幹線車両が見えることからも分かるように、標準規仕様の車両だったりします。
(田沢湖線用5000番台と思われる)

一見普通の複線区間に見えますが…

一見普通の複線区間に見えますが、左側は秋田新幹線の線路なので新幹線と在来線の単線区間が並行しているのです。
ちなみにこの方式を「双単線」と呼ぶのだそう。

左側を新幹線が通過していく

四ツ小屋駅にて。
左側を新幹線が通過していきますが更に在来線側で対向列車の行き違いを行います。

米どころならではの風景

たまには側面からの車窓の様子も。
米どころならではの風景といったところですね。

少し山あいの区間に

少し山あいの区間に。
何となくですが、ゲーム(電GO!2)で見覚えのある気がします。

峰吉川

羽後境・峰吉川・刈和野…駅名も覚えています。
(こまち運転の場合は全て通過駅ですが)

走行中の線路が三線になっていることに注目

走行中の線路が三線になっていることに注目。
要するに狭軌・標準規両対応ということなので、この区間では新幹線列車同士の行き違いが可能ということですね。

この区間も何となく記憶にある

大曲近くのスラブ軌道になっているこの区間も、何となく記憶に残っています。
この先制限区間があるので調子に乗って飛ばすとどつぼにはまります。
(もちろんゲームでの話です)

大曲駅に到着

大曲駅に到着。制限45はこちらの線路の指示かな?
新幹線側と在来線側とで線路が分離しているのも分かります。

新幹線はここ大曲駅で方向転換(スイッチバック)して田沢湖線へと進み、盛岡方面へと向かいます。

引き続き田園地帯が続く

大曲から先は奥羽本線単独の区間。
車窓は引き続き田園地帯が続きます。

後三年?

後三年という妙な駅名。実は…

後三年合戦の古戦場だった

日本史に出てきた平安時代の後三年合戦(後三年の役)の舞台、古戦場ということでした。
(看板の絵巻も日本史の教科書に出ていた)
関ケ原・川中島など古戦場となった場所の駅名はいくつか見られますが、地名ではなく年号に由来する駅名はここだけではないでしょうか?
ちなみに看板の「平泉への扉を開ける…」については、この合戦の後に奥州藤原氏が平泉を拠点として栄華を極めることを意味しています。

横手駅

横手駅に到着。
JR北上線 終点駅と記載がある通り、東北本線(新幹線)の北上駅に通じる北上線との接続駅です。
秋田新幹線工事時に田沢湖線が運休となった際に代替ルートとして北上線経由で特急列車「秋田リレー号」が運行されていたこともありました。
(全然関係ないですが…)

醍醐

醍醐、これも日本史に由来する駅名なのでしょうか?
(平安時代初期に醍醐天皇が即位していた)

皆瀬川

皆瀬川という雄物川の支流を渡ります。

遠くに見える山は鳥海山?

遠くに見える山は鳥海山でしょうか?

上湯沢駅

奥羽本線は全線に渡り複線と単線区間が混在しますが、この付近は単線が続きます(上湯沢駅)。
ちなみに大曲から先は後部車両の運転席越し(逆かぶり付き)にて撮影。

だんだんと山岳区間に

だんだんと山岳区間に。

複線区間もあったりする

かと思えば複線区間もあったりします。

ドキっ!

のぞき…ドキっ!とするような駅名。
この辺りから山形県に突入。

トンネルを抜けて…

トンネルを抜けて…

羽前豊里

羽前豊里。
羽後から羽前に変わったので、山形県に入った実感がわきます。

新庄駅に到着

秋田から2時間40分程度、ようやく終点の新庄駅に到着。
右側に停車中の車両は陸羽西線の気動車。

ここで線路は途絶えている…

新庄駅ホームの先、ここで秋田方面からの線路は途絶えています。

改札口通路を挟んで再び線路が続く

そして改札口通路を挟んで再び山形方面へ向けて線路が続きます。

何故途中で線路が分断されているのかというと、要はレールの幅が違うからです。
ここ新庄駅は山形新幹線の始点で、今まで在来線規格の狭軌のレールがここから新幹線規格の標準軌となります。
(上の写真をよく見るとレール幅が若干広いことが分かります)
つまるところ新庄駅を境に運行系統が完全に分かれており、奥羽本線は新幹線によって事実上分断されていると言えるのです。
余談になりますがかつて運行されていたブルートレイン「あけぼの」が当初は奥羽本線経由で上野と青森を結んでいましたが、新幹線開業後は奥羽本線を全通することができなくなり上越・羽越本線経由でのルート変更を余儀なくされたという例もありました。

山形新幹線「つばさ」が到着

そうこうしているうちに山形新幹線「つばさ」が到着しました。
(しかも2編成並んでいます)
当日はUターンラッシュのピークだったためか、何とか新幹線に乗車しようと行列ができていました。

尤も自分が乗車するのはこの後の普通電車で発車時刻まで余裕があったので、一旦駅を出ました。

真新しい駅舎

真新しい感じの駅舎。
駅舎内には観光センターはイベントホールもあり、割と大規模です。

自主規制って…

駅前の駐車スペースで見かけた一方通行出口の標識。
しかし自主規制って…どういうこと?

幅の違うレールが入り乱れている

駅構内の留置線ですが、巧妙に幅の違うレールが入り乱れています。
ちなみに真ん中の行き止まりのレールが標準軌、その両脇が狭軌の線路です。

山形行きの普通列車

で、こちらがこれから乗車する山形行きの普通列車。
帯の色が変わりましたが、車両は引き続き701系。
台車を標準軌とした5500番台です。

新庄発車後しばらくは陸羽東線の線路と並行

新庄発車後しばらくは陸羽東線の線路と並行します。
右側が陸羽東線の線路。
線路幅が狭く架線もないので、奥羽本線の線路と容易に区別が付くかと思います。
なのでこの区間はいわゆる「双単線」です。

この後は複線区間

この後は複線区間になりますが、あくまで部分的なのでまた単線に戻るようになります。

村山駅で新幹線と行き違い

途中の村山駅で新幹線と行き違い。
こうしてみると新幹線の本数が多いことが分かります。
(時刻表を見ると奥羽本線福島~新庄間の列車のほぼ半数が新幹線な感じです)

東根駅

村山の次の東根駅。
何となくのどかな感じ。

さくらんぼひがしね

更に隣駅のさくらんぼ東根駅は新幹線の停車駅です。

略称「さくらんぼ」

略称「さくらんぼ」の表記が面白いです。
新幹線開業(延伸)時にできた駅のためか、駅自体比較的新しめです。

仙山線と合流

羽前千歳の手前で仙山線と合流します。
仙山線は新幹線が乗り入れないため、線路は狭軌です。
(レール幅が異なることが分かるかと思います)

北山形で乗り換え

乗車した列車は山形行きですが、仙山線乗り換えの接続の関係で1つ手前の北山形で下車します。

すぐさま新幹線が通過

下車後すぐさま新幹線が通過。

奥が山形方面

駅の跨線橋から、山形方面を見る。
左側が奥羽本線(山形新幹線)・右側が仙山線の線路ですが、ここでもレール幅が異なることが確認できます。

左沢線のホーム

北山形駅では奥羽本線・仙山線の他に左沢(あてらざわ)線とも接続し、一番端が左沢線のホームとなっています。
今回はさすがに乗車する余裕がないので、機会があればということで…。

仙山線の電車が到着

10分くらいの待ち合わせで、仙山線の電車(仙台行き)が到着。
車両は久しぶりのE721系。

羽前千歳までは奥羽本線と並行

1つ手前の羽前千歳までは奥羽本線と並行。
ここから奥羽本線と分かれて山方面へと向かいます。

程なく山あいの景色に

程なく山あいの景色に変わります。

山寺駅で下車

尤も数駅先の山寺駅で下車するのですが。

立石寺を目指す

駅を降りて山寺=立石寺(りっしゃくじ)を目指します。

山寺観光案内マップ

山寺は正しくは「宝珠山立石寺」といい、天台宗に属する寺院。
文字通り山中にある寺院で、麓から1000余段の石段を登って山頂の奥之院に辿り着くのでちょっとした山登りになります。

参考:宝珠山 立石寺ホームページ

奥が仙台方面

仙山線と立石寺との間を流れる立合川から撮影。
奥に見えるのが仙山線の鉄橋で、山の向こうが仙台方面。

山寺日枝神社の入り口

山寺日枝神社の入り口。
本来の順路は右手の根本中堂の階段ですが、「登山口」と記載があったのでここから登りました。

日枝神社

階段を上った先の日枝神社でひとまずお参り。

御神木のイチョウ

日枝神社御神木のイチョウ。
根元から撮影しましたが、かなりの巨木です。

根本中堂

立石寺の本堂である根本中堂。
順路としては最初に訪れるお堂ですが、日枝神社から入ってしまったので一つ戻る形となってしまいました。

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑。
立石寺で詠んだ「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の句が刻まれています。
その奥には清和天皇の御宝塔があります。

奥之院への入山口となる山門

奥之院への入山口となる山門。
ここから有料で、入山料は300円です。
寺院では平地であっても料金がかかる時の名目は入山料ですが、立石寺の場合はまさしく「入山」料ですね。

長い階段が続く

ここから奥之院まで長い階段が続きます。
ただ道中は石段などで整備されているので、足元は安定しています。
一部狭かったり急な箇所がありますが、健脚であればさほどきついことはないかと。
(この辺は個人差がありますが)

見事な岩肌が見られる

周辺ではこのようにほぼ断崖絶壁な感じの見事な岩肌が見られます。
立石寺一帯の岩質は凝灰岩で、長い年月をかけて浸食され複雑な岩肌ができました。

この辺りが参道で一番狭い場所?

この辺りが参道で一番狭い場所で、「四寸道」と名付けられています。

せみ塚

芭蕉翁の句をしたためた短冊を埋めて石の塚を立てたことから、「せみ塚」と名付けられた場所。「閑さや~」の句を詠んだのはこの場所ではないかという説があります。

弥陀洞

岩壁が風化して阿弥陀如来の姿となったことから「弥陀洞」と呼ばれます。
高さは約4.8mで懐には石塔婆が刻まれており、見ごたえ十分です。

奥が開山堂

仁王門をくぐり奥之院へと続く階段の途中で撮影。
奥の建物が開山堂で、その横にある小さな建物は納経堂です。
岩の上に建っている堂の姿が立石寺を象徴する風景ですね。

岩のくぼみの中にもお堂が

開山堂の反対側、岩のくぼみの中にもお堂がいくつかあり、中央に見える堂は胎内堂と名付けられています。
修行者の道場となっていますが危険につき一般客の参拝は不可となっています。

奥之院に到着

ようやく奥之院に到着。ここが参道の最奥地点になります。
奥之院は正しくは如法堂といい、左手には阿弥陀如来像が安置されている大仏殿があります。

立石寺においても奥之院・根本中堂をはじめご朱印が受けられますが、各所にある支院等を含めると10か所位になるので全て受ける場合は朱印帳のスペース(と朱印代)が多くかかります…。

開山堂へ

奥之院の後は開山堂へ。
階段を少し下って平坦な参道を歩きます。
やはり断崖絶壁の上に建っているお堂(納経堂)の姿は絵になります。

これまた奇妙な岩肌

開山堂への参道途中で見上げると、これまた奇妙な岩肌でした。
浸食してできた五つの穴が、人間の手もしくは足に見えなくもないです。

開山堂の上にある五大堂

開山堂の上にある五大堂。
堂と名前が付いていますが清水寺の舞台と同様の展望台的な構造の建物です。
(五大堂の本尊は立石寺を護持する五大明王としていますが、仏像等が安置されていない)

下界を見下ろす

五大堂は立石寺の山中で一番眺望の良い場所で、下界が一望できます。
手前の鉄橋が仙山線で、川に沿って集落が続いています。
(写真の右側が山寺駅)

奥之院方面を見る

反対の奥之院方面を見る。
中央の建物は山内支院の一つである金乗院で、その奥には岩場のお堂も見られます。

この後は下山

奥之院と山内支院などの各所を周った後は下山することに。
階段の奥に見えるのは仁王門。
門の両脇には仁王像が安置されています。

本坊入口の抜苦門

登山口(山門)に戻り、根本中堂の反対側に進むと本坊へ。
上の写真は本坊入口にある抜苦門(参拝者の全ての苦悩を抜けるとの理由から名付けられた)。
本坊は社務所のような施設なので建物内の参拝はできませんが、ご朱印を受けることはできます。

本坊を抜けると下山口で、山寺駅の近道となっています。

山寺駅に戻ってきた

再び山寺駅に戻ってきました。
駅舎も立石寺をイメージした和風な造りで、右側の展望台は五大堂を模したものでしょうか?

JR仙山線を知ろう

仙山線は文字通り仙台と山形を結ぶローカル線で、急勾配が続くことから早くに電化されました。
全区間が交流電化ですが、実は北陸本線に先駆けて日本で初めて交流電化が行われた路線として知られています。
特に山寺から作並までの間は面白山を超えることになり、長大トンネルとなる面白山トンネルを含め、トンネルが連続する山深い区間となります。
(図を見る限りでも標高差が200m位あるそう)

※上の「JR仙山線を知ろう」の展示パネルは仙台駅にて撮影したものです

仙台行きの電車が到着

仙台行きの電車が到着。
車両は前回と同様E721系。
仙山線の山形寄り(作並~山形間)は急勾配の関係で現在では全て同形式のみで運用されています。
この区間は長らく急行形の455系で運用されていましたが、撤退後少しの間719系が使われていたものの勾配線区に不向きで現行のE721系の導入でようやく落ち着いたという経緯があったそうです。
交流形車両は高価で更に勾配対応となると運用できる車両は限られるため、車両の選択に苦心したことが伺えます。

それはともかく…

作並駅

乗車した電車は快速列車だったため、山間の途中駅は通過して一気に宮城県側の作並駅へ。
作並は温泉も有名ですが、前述した交流電化が最初に行われた場所ということで同駅に「交流電化発祥地」の碑が立てられています。

かなり落差があります

鉄橋上(といってももちろん車内)から撮影しましたが、かなり落差があります。
第二広瀬川橋梁といい、国内1位の高さ(51m)を誇るトレッスル橋梁で仙山線内でも撮影の名所として知られます。

愛子駅

仙山線内の主要駅である愛子駅に到着。
ここから仙台まではいわゆる近郊区間となり、列車本数もぐっと増えます。
(20分に1本ペース)
愛子は「あやし」と読みますが、皇太子夫妻のご息女である敬宮愛子さまと同文字の駅名であることから、駅名が一躍有名になったそうです。

国見

北仙台

愛子から先も丘陵地帯なのである程度勾配はありますが、沿線が住宅街で大学も多くあることから仙台に近づくにつれて乗客も多くなります。

仙台に到着

ようやく仙台に到着、というか再び戻ってきました。
仙台到着の時点で17:15位。
まだ日没前ですがさすがにここから更に在来線に乗るのはかったるいので、新幹線にて一気に帰京の途につきます。

新庄駅で前述した通りこの日はUターンラッシュのピーク日で当日の新幹線指定席は完売していましたので自由席(乗車券含む)を購入。
立ち乗りを覚悟していたものの以外に楽勝で着席できました。
(仙台市発のやまびこ号に乗車)

高速で走行

東北本線と並行する区間も

17:30過ぎに仙台を出発しましたが、まあ速いこと速いこと。
往路を在来線を乗り継ぎ半日強かけて仙台に辿り着いたのがうそのよう、というか速さの次元が違います。
改めて新幹線の偉大さを実感した次第です。
仙台から首都圏までは途中ある程度トンネル区間があるものの、比較的車窓からの風景を見ることができます。
写真のように在来線(東北本線)と並行する区間も割と多いです。

福島交通の車両

福島到着の手前で、私鉄ローカル線の福島交通の車両が見えました。
弘南鉄道と同タイプの元東急7000系。
元東急の車両は小型の車体(17m級)が多いことから地方私鉄での需要が多く、福島交通でも後継車種として同じく東急1000系の導入が決定しているようです。

ひときわ長いE5系のノーズ

福島駅にて。
ホームの反対側には新青森方面行きのはやぶさ号が停車していました。
車両を真横から撮影すると、E5系の先頭部部分のノーズがひときわ長く感じます。

このあたりが限界

福島を発車した直後ですが、日没が近いので車窓風景の撮影はこのあたりが限界か?

何故か上野駅で下車

ということで一気に都心へ。
終点は東京ですが、ふと思って1駅手前の上野駅で下車してみました。
新幹線の上野駅は新幹線唯一の地下駅。
東北新幹線の上野延伸時には終着駅でしたが、東京駅開通によって途中駅になってしまい、駅の存在が一気に薄れてしまった感があります。
そんなことなので試しに降りてみようかと思った次第でした。

こまち号が通り過ぎる

地下ホームながらも東北・上越・北陸系統の新幹線全列車が通るので、通勤電車並みの間隔でひっきりなしに列車が通り過ぎていきます。
朝に秋田で見たこまち号の車両も…。
上野駅の新幹線ホームは在来線からは入れない(別途入場券を購入するか、新幹線の切符が必要)なので、ある意味記帳かもしれません。

もう首都圏なのであとはいつもの電車に乗り、無事帰宅。
家に着いたのが21時前だったので、例年よりかなり早く戻れました。
(前年は21時過ぎでもまだ名古屋だった)

ということで3泊4日の行程が滞りなく終了。

(4日目まとめ)
立石寺(山寺)の観光がありましたが、それ以外はほぼ乗りっぱなしの行程。
秋田・山形新幹線の区間、最後は仙台から新幹線で一気に帰京したので、かなり新幹線度が高かったような気がします。

(総まとめ)
夏休みの期間が短かったので例年より少ない日数でしたが、その分密度が濃かった気がします。
今回は東北本線・奥羽本線という東北地方の2大本線を中心に乗車しましたが、新幹線開業前は大動脈だった路線なので本線の風格を十分に感じられました。
ただ18きっぷ利用期間独特の現象で(自分も含めて)純粋に移動手段として乗車している方が多く、本線区間ではほぼ全線に渡って車内が混雑していた関係で着席して車窓を楽しむといったスタイルがあまり取れなかったのが残念といえば残念です。
尤も石巻線・大湊線・男鹿線などローカル線にも乗車したので、それで補えた感はあると思います。

今回は本線中心でしたが、次回は支線系統(宮城・山形エリアで陸羽東・西線など)に乗車できればと思っています。

仙台銘菓「萩の月」

今回のお土産は定番の仙台銘菓「萩の月」。
自分は食べたことが無かったので買ってみましたが、実に美味しかったです。
次回以降仙台を訪れた際には必ず買いたいと思います。

~終わり~
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る