So-net無料ブログ作成

iPhone5Sに乗り換え [携帯端末/携帯端末アプリ]

本来は乗り換える予定は無かったのですが、愛用中の4SのWi-Fi機能の故障により、端末が急遽5Sに変わりました。

正月早々に急にWi-FiのスイッチがONに出来なくなるという症状が発生。
ネットワークのリセットやITunesから初期化をかけるなどの処置をしたものの、回復せず。
ネットで調べたところ4SでiOS7にアップデートした後に起こる現象で、本体のWi-Fiチップのオーバーヒートによるものらしく、本体を修理に出さないと治らないようです。

修理費用が2万程度かかるらしく、修理に出すかこの機械に新しい端末に乗り換えた方が良いのか最寄のauショップに相談したところ、今月末まで本体1万円値引きのキャンペーンが適用されるのでこの際乗り換えてみたら、と(半ば強引に)勧められたので即決しました。
(実は4Sの端末請求が残り1万程度残っているのですが、今回のキャンペーンでそれを相殺できるということです)
5Sの場合料金プランが強制的にLTE回線のコースになる関係で無料通話が適用されなくなるため、新たに0円携帯で2台目の契約をして、それに家族割引を適用して無料通話をiPhoneとシェアするという方法も勧められたので、それも承諾。
(最近電話を利用する機会が多いので、そうした方が良いと思った次第)
それらの諸々の手続き(と免責の説明など)で2時間位かかった後に、最新の5Sを入手したということになりました。

左が4S、右が5S

見ての通り、4Sに比べて縦長のサイズ。
画面も縦長になりアイコンも5段表示(一番下のメニューも含めると6段)になりましたが、今までの4Sの画面が見慣れていたのでちょっと違和感があります。
まあすぐに慣れるんでしょうが…。
解像度も上がったので綺麗になったようですが、4Sでも十分綺麗だったのでまだその差は分からないですね。
ただ感心したのが本体の重量で、持った感じでも4Sと比べて軽さを実感できます。
(5と5Sでは殆ど変わらない模様)

5で新たに採用されたLighitningコネクタ

5S(5)に変わったことで大きな変更点が端末下部の接続コネクタ。
「Lighitning」という名称で、従来の30ピンから大幅に小型化されました。
ただ問題はコネクタが変わったことによって4Sで使っていた周辺機器(AV出力アダプタなど)がそのまま使えないということですね。
これはLighitning-30ピン変換アダプタを用意すれば解決できると思いますが、また余分な出費が…。
(+Apple純正でない周辺機器が変換アダプタをかましてそのまま利用できるのか?という問題も)
あと4Sでは上部にあったイヤホンジャックが下部(Lighitningコネクタの左側)に移動したとか、通気口の穴が大きくなったのが細かい変更点といったところでしょうか?
(通気口拡大の件はApple側が本体の発熱の問題を自覚したということなのか…)

4Sについては壊れたといってもWi-Fi(とBluetooth)が機能しなくなっただけで通話や3G回線の通信はできるので継続して使うことは可能なので何とももったいない気がしますが、今後のことを考えるとやむを得ないのでしょうか?
アプリのアップデートなどデータのダウンロードをする場合もWi-Fiの方が断然早いので、色々と不都合もありますし。
(一番の問題はWi-Fiが機能しなくなるとiCloudへのバックアップができなくなることですね)
というか4Sの端末をどうするかが悩みどころです。
初期化して売却するにしても、故障した端末は買い取ってくれないという話も聞きますし。

とにかく手に入れた5Sは壊さないように大事に使うとしますか。
コメント(1) 

コメント 1

ao2

iOS7へアップデート後のiPhone4SでWifiに接続できなくなる不具合について。
http://blog.livedoor.jp/sumahoreview/archives/33901321.html
by ao2 (2014-01-27 19:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る